「このハゲーっ」豊田議員のようなパワハラや社内いじめは、パートのみの職場にも存在する

元政策秘書への「このハゲーっ」などの暴言・暴行疑惑で自民党を離党した豊田真由子衆院議員がTV出演していましたね。

音声録音の、あの声は1度聞いたら忘れられないほど衝撃でした。

男女問わず、会社勤めをしている一般の会社員の中にもパワハラやセクハラで悩んでいる方は多いと思います。

sakiもパート時代にお局グループから社内でイジメを受けた事があります・・・

1日5時間ほどのパート勤務でもやっぱり人間関係は大変なんです。

現在勤めているsakiのパート先でもイジメや人間関係のゴタゴタで辞めていく人は結構いる。

まぁ、イジメや嫌がらせの主犯格グループみたいのがあってそのグループに目をつけられたら9割ぐらいの確率でみんな辞めていく・・・

やめた人の代わりに、新しい嫌がらせの対象者が変わりまた嫌がらせやイジメのターゲットとなる。

幸運にもsakiはそのグループとは別の仕事をしているので関わることは少ないのだが、休憩中は少し会話することはあるんです・・・

とっても嫌なんですけど・・・

その休憩中の会話の中でいつもsakiの中で気を付けている事があるんです。

それは

そのグループの中で

☆家庭の話をしない

☆自慢話をしない

☆幸せネタを話さない(息子の可愛い話を含めて)

☆話を振られるまで聞き役に徹する

そんな事をいつも考えながら会話しているので

とっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっても疲れます。

なぜこの話を書いたかというと

実は主任に勤務時間の延長の話をお願いした時、人手不足のそちらのグループの職場に移動にして欲しいと言われたんです。

お金は欲しいけど、そのグループの職場に行くのはチョット嫌なんですけど・・・

元々、sakiの前に配属された方もお局グループのイジメが原因で退職したという話を聞いていたので不安ではありました。

それでも「お給料の為」「借金返済の為」という事で思い切って移動したわけですが。

先日、主任に勤務時間の延長をお願いした際に伝えられた職場移動・・・

一晩自宅で考えたんだけど、やっぱりOKすることにしました。

お局グループと一緒に働くのは凄く嫌なんだけど、やっぱりお給料多めに欲しいし借金返済の為に少しでも頑張らなきゃいけないなと思ったんで、とりあえず頑張ります!!

まぁ、私がイジメのターゲットになるとは限りませんしね。

来週からの予定なんで、保育園にお迎え時間の変更のお願いや毎日の食事の献立なども少し変更しておこうかな。

フルタイムの勤務なので、旦那の扶養は抜けないといけない事になりましたがとりあえず今は稼いで1円でも借金を減らすために時間を使いたいと思っています。

結局sakiもイジメにあい退職する事になりました。

退職したら「お局グループの事なんか忘れて新しい職場で頑張ろう」と気持ちも吹っ切れるかな??

と思っていましたが・・・

あの時のトラウマなのか、

現在のパチンコ店でも夜のバイトでも、先輩スタッフから指導される際に、緊張のせいか手にびっしょり汗をかいたり、少し息苦しくなる時があります。

手汗がヒドくて書類を書く時にハンドタオルは必須・・・ そんなあなたにはフレナーラ

sakiを見て笑っている顔を見ると、陰口を言われているんじゃないかと被害妄想に陥ったりする事も時々あります。

他人に自分の本心や家庭の事を話すのが怖くなって、ブログや日記を書き始めたのがこのブログのきっかけなんです

パチンコ店のスタッフさんの中にも仲良くしてくれるママ友さんや、シングルマザーで大変な思いをされている方もいらっしゃるので、少しづつではありますが自分の事も打ち明けられるようになってきました。

イジメやパワハラを受けた気持ちは被害者しか分からない

豊田真由子衆院議員がTV出演していた際に、涙ぐむ場面もありましたが、本当に泣きたいのは、元政策秘書の方じゃないかな?と思います。

元政策秘書の方の娘さんの事を録音した内容を聞いた時は「ゾッ」としました。

これだけTVやマスコミに取り上げられても、まだ議員をするというのですから驚きですね。

放送されている内容が、すべて事実かどうか分りませんが、少なくとも「音声データ」は本物ですよね。

イジメをやパワハラに遭われた方の苦難や悲しみは、他人には理解する事が難しいかもしれませんが。

PTSDなどの後遺症に悩む事もあると思うので・・・

キャリアから人生相談まで。300名の専門家が、あなたの課題解決をサポート!
匿名・完全予約制【ボイスマルシェ】


【失業保険を早くもらう方法】退職後にお金に困らない為に知っておきたい受給資格の事 

心のケアもしながら、ゆっくりと今後の再就職はいい上司にめぐる会う事を願っています。

豊田真由子衆院議員は、休んでいる間も議員報酬は発生しているんですね。

自分で蒔いた種なのに羨ましい限りです。

スポンサーリンク

シェアする