多重債務が原因で自己破産者も急増…銀行カードローンの甘い罠

総量規制の影響で年収の三分の一までしか借入出来なくなくなった現在、銀行のカードローンを利用されている方もたくさんいると思います。

sakiの旦那も楽天銀行スーパーローンから150万円の借金をしてしまい、毎月その支払いに追われています。

実は今日のネットニュースでこんな記事を拝見しました。

「’16年、自己破産件数は13年ぶりに増加して、約6万5,000件(最高裁判所調べ)。
借金の原因は遊興費の使いすぎを想像しがちですが、最近は違います。
金融庁の調査でも、銀行カードローンの利用目的は“生活費の補てん”が41.8%で最多、次いで“クレジットカードの支払いを補てん”が24.9%と続いています(’17年3月に発表)」
参考リンク女性自身

銀行カードローンの利用目的の1番の理由が生活費の補てんが41.8%

2番目の利用目的がクレジットカードの支払いを補てん24.9%

この数字が本当なら消費者金融から借りれなくなった為に、多くの方が銀行カードローンを使用しているんですよね。

銀行って消費者金融よりクリーンなイメージをみなさんお持ちだと思いますが、正直sakiはそんな風には思いません。

金利だって消費者金融とそんなに変わりませんし、銀行だからって返済しなくてOKというわけではない。

sakiの旦那が利用している楽天銀行スーパーローンは約14%です。

借入先が変わるだけで借金は借金

当然のように借りたものは返さなくちゃいけませんので、生活費の為に作った借金はどんどん膨らんでいく事になります。

銀行だろうが消費者金融だろうが、借入先が違うだけで借金は借金なんですよね・・・

生活日の補てんやクレジットカードの返済に銀行ローンを利用しても、一時的に金銭の問題が解決するだけで借入した元金は減ったわけではないので、どんどん生活は苦しくなっていきます。

銀行だから安心

TVやCMでもやってるし、つい気軽な気持ちで借りようかな??

なんて考えているならやめておいた方がいいですよ。

私の旦那が作った150万円の借金返済はとても大変です。

楽天銀行スーパーローン+イオン銀行カードローンで総額200万円

毎月25000円を返済しても、ほとんど利息の支払いで元金は全く減りません。

私の旦那のようにギャンブルで借金を作るなんてもっての外ですが・・・

生活日の為に銀行のカードローンを利用しようかな??

と考えてる方も、その借金が本当に必要な借金なのかもう一度考えてみて下さいね。

毎週のようにくる楽天銀行からのご案内

「増額しませんか」

「融資額を見直してみませんか」

「ただいま金利キャンペーン中ですよ」

楽天銀行から借入をしている方ならお分かりだと思うのですが、毎週のように増額や再融資のご案内がきます。

本当に家計がピンチで

「給料日までお金が無い」

という状態になったら、sakiもその甘い誘惑に引っかかってしまうかもしれませんね。

現状は、夜のバイトのおかげでなんとかやりくり出来ていたのですが・・・

これからはどうなるかわかりません。

スポンサーリンク

シェアする