【離婚にかかる費用の相場は?】相談料、着手金、報奨金など離婚弁護士選びのポイントまとめ

離婚弁護士の費用が決定しました。

知り合いのシングルママさん、ネットの情報などを見てもほとんど相場通りだと思います。

今後、多少金額については上下する事もあると思いますが、saki自身で用意しなければならない金額が分かりましたので、着手金も含めた金額をこのブログに残しておきます。

離婚に強い弁護士に弁護を依頼する際、「相談料」「着手金」「報酬金」にある程度の相場があるようなので、そちらも参考にしながら記事にしてみます。

「相談料」「着手金」「報酬金」の相場について

本音を言うと、離婚の際に弁護士費用は、安いにこした事はありません。

sakのように離婚経験者が周りにいたり、シングルのママさんが多数いる環境であれば、多少の不安は解消されるでしょうが、

そのような情報が無ければ相談に行く事も始めの内は不安だと思います。

これから「離婚を考えてる」「子供を1人で育てていく」方の参考になればいいかな?と思い離婚弁護士の相場について初めにご紹介致します。

相談料の相場

以前の相談料は1時間5,000円から10,000円の場合が多かったようですが、これまで弁護士の報酬を決めていた「(旧)日本弁護士連合会報酬等基準」で相談料が一律だったものが現在は廃止されています。

弁護士の報酬は自由に決めて良い事になっており、弁護士に相談に行く際、最近は相談料を無料で行っている弁護士事務所も多くなってきました。

弁護士事務所に直接問い合わせてみるのが、問題解決の近道となると思いますので離婚サポートを参考にしてみるのもいいと思います。

実際にsaki初回、2回目は相談無料、3回目は着手金に含まれたので実質、相談料は無料になりました。

弁護士事務所の対応によっても異なると思いますので、あくまで参考程度に覚えておいてください。

着手金の相場

相場としては大体20万〜30万円と言われているようです。

着手金は、離婚問題に弁護士が着手する段階で発生する費用のことで、一度支払ったら基本的には返金されません。

なので、着手金を支払った後に気持ちが揺れ動いてしまわないように、離婚に向けた心の準備はきちんとしておくのがベストだと思います。

sakiが今回、弁護士さんにお支払いした着手金は「23万円」となりました。

ほとんど相場通りかな?と思っています。

「高いか」「安いか」は、個人の感じ方だと思いますが、離婚弁護士に依頼した際の相場を知っておく事で、前もって準備をする事が出来るので、知っていて損は無いと思いますよ。

成功報酬の相場

報酬金とは依頼した内容の成功度合いに応じて支払う弁護士費用です。

獲得した金額や成功をどこに置くかで変わってきますが、、相場としては獲得金額の10%から20%前後と考えて良いと思います。

成功報酬を固定額で決めている場合は、約20万円から30万円前後になるケースが多いようです。

この辺も、弁護士さんや弁護士事務所の方針によって異なると思いますが、

sakiのケースは今回、慰謝料の請求をしませんでしたので「固定額で12万」

借金がある旦那なので、支払い能力があると思えないし、1番欲しいのは「親権」なので早期に決着をつけて、スムーズに離婚を進める為にも「慰謝料の請求はしない」という事になりました。

協議離婚にかかった費用は35万円

弁護士費用は、トータルで35万円となりました。

慰謝料とは別に、養育費は息子の為に旦那から頂くことになると思いますが「2万円/月」で話しは、まとまりました。

今回の金額は協議離婚の際の、離婚弁護士費用となっています。

姑が親権の事で、出てくる可能性もあるますが「弁護士に離婚について依頼した」と、旦那に話すと諦めたようなので、調停離婚にはなる事はないと思います。

調停離婚や離婚裁判となると、費用も時間もそれなりにかかってくるので「協議離婚」で決着が付きそうなので良かったです。

離婚弁護士選びのポイント

弁護士選びのポイントとして、今回sakiが1番重要かな?と思ったのは弁護士さんの人柄

「いくら金額が安くても」「離婚裁判に強くても」人柄が良くないと、無理だなと思ってしまいました。

相談する弁護士さんとの相性はやっぱり大切で、機械的に話をする弁護士さんよりも、

法律や離婚後の生活について、親身になってアドバイスをしてもらえる弁護士さんの方が絶対にいいです。

今回、スムーズに離婚に向けて話し合いができたのは、sakiを担当してくれた弁護士さんのアドバイスのおかげだと思っています。

離婚弁護士選びなら→離婚サポート

弁護士費用の支払いについて

離婚後の住まいの事や生活の事、弁護士費用の事など、借金が原因での離婚なのでsakiには経済的な余裕はありません。

弁護士費用は、月に2万円からの分割払いにも対応してくれるとの事でしたが、実の母親や弟に相談したところ、弁護士費用+転居費用を貸してくれるという事なので。

弟夫婦がお金を工面してくれたので、その返済方法や支払額などは今後まとめ次第記事に残すつもりです。

saki名義でキャッシングで借入をしたり、弁護士さんに分割で支払う事をしなくていいので、家族には本当に感謝しかありません。

新居(アパート)も現在検討中なので、あとは離婚の話を進めるだけ。

それなりに費用はかかりましたが、少しづつ気持ちの整理もついて息子との新生活に向けて準備をしているところです。

スポンサーリンク

シェアする